スキルアップ

人材教育について

当社では、全社員がお客様志向で業務遂行し、お客様から信頼され、ご満足頂ける技術者集団を目指し、日々、人材育成に取り組んでおります。

人材教育について

スキルアップについての主な取り組み

階層別教育

階層別教育では、スキル・経験毎に階層を定め、各階層毎に必要なスキル項目を選定して教育を実施しています。

特にヒューマンスキル(パーソナル、コミュニケーション、リーダーシップ)の向上には力を入れております。

階層別教育

階層別教育

社外研修制度

人事評価制度での目標設定や、自己啓発によるステップアップのサポートとして外部教育機関を利用する事が可能です。 外部教育機関は適宜見直しや拡張を行っておりますので、豊富なコースから自分および時代にマッチした教育を受ける事が出来ます。また、会社が用意した教育機関だけでなく、自分で探した研修も受講可能です。

利用教育機関の一例
  • ・日本アイ・ビー・エム人財ソリューション株式会社
  • ・関東IBM ユーザー研究会
  • ・株式会社インソース
  • ・トーマツ イノベーション株式会社
  • ・東京商工会議所
  • ・SMBCコンサルティング株式会社
  • ・itSMF Japan

社内ディスカッション活動

テーマ討論と成果発表を通して、問題解決・改善・インタビュー・プレゼン能力などを育成して行きます。
現場や他部門のマネージャーのフォローもありますので、普段接する事の少ない先輩社員から様々な経験や考え方を聞く事でもスキルアップが狙えます。

社内ディスカッション活動

社内勉強会

社内アンケートにより、要望の上がった技術教育や会社の教育計画により実施されます。
現場での経験を活かした、先輩社員による社内セミナーなので現場での生の声などが聞けたりします。

新入社員研修

学生から社会人になる為の意識改革を行うと共に、社会人として必要な「マナー」や「動き」などビジネススキルの基礎を研修します。また、SEになる為のIT研修につきまては、基礎から社外および社内研修をもって実施いたしますので、IT初心者でも安心して頂けます。先輩社員によるフォロアー制度も取っていますので、年齢の近い先輩のアドバイスやQ&Aも気軽に受けられます。

2011年度実績

2011年度実績

スキルマップと教育制度体系・人事制度の関係

スキルマップと教育制度体制の関係